メニュー

職員・パート採用

 【1】正職員

社会福祉主事もしくは相当の福祉知識がある方、これ

から福祉も学んでみようという方であればぜひご応募

ください。採用にあたっては、(1)車の運転が可能なこ

と(AT限定可)、(2)法人内他事業所の職員と連携が

できることが条件です。まずはご相談して決めていき

たいと思います。

 

<職員給与>

最終学歴と職歴を勘案して、横浜市社会福祉協議会が

示す給与表を参考にして、基本給を設定します。手当

は、住宅手当、扶養手当、通勤手当(実費・月2万ま

で)、役職手当(主任、副主任、サビ管)、資格取得

手当、グループホームの場合は夜勤手当があります。

 

 

【2】パート職員

時間、曜日、勤務地については応相談です。なるべく

応募される皆さまのご意向に沿うようにしたいと思って

います。現在も多くのパート職員が正職員を支えてくだ

さっています。一緒に働いて頂ける方をお待ちして

います。

 

<給与>

①日中系事業所 生活支援員  時給983円~

ただし、年数が長い場合や大変な仕事もやって頂ける方については、

時給が上がることがあります。特に昇給する場合は、「作業リーダー手当」

があります。

②グループホーム 生活支援員

夜勤1回(16時~翌10時)12000円(加えて夜勤手当2000円)

③看護師

時給1800円~2500円

今までの経験を考慮して検討します。

④その他専門職

時給1000円~

今までの経験を考慮して検討します。

 

*職員もパート職員も研修の機会があります(出勤扱いです)。

 

今までの研修内容

・権利擁護、個人情報保護(外部相談員による)

・家庭の医学(看護師による)

・身体介助の基礎(大学看護教員による)

・摂食、嚥下の機能と実習(外部看護師による)

・精神科のくすり(臨床心理士による)

 

いずれも少人数でのグループワークで行なっていますので、

講師にすぐに質問ができます。 

 

 

 

詳しいお問い合わせは採用担当までお願い致します。

お問い合わせ

法人事務局電話:045-434-5703

平日:9:00~18:00

メール:iroenpitsu-yokohama@nifty.com

 

いろえんぴつで働くスタッフたちの声

インタビュー3 何より特徴的なのは、メンバーさんたちが外で活動し、地域との交流の機会が多く持たれているということですね。

作ったものを販売に行くときに一緒にやるのは楽しいですし、買いに来た人とメンバーが直接やりとりして、ちょっとした会話をしている姿なんかを目の前で見ることができるのは、ここでの体験ならではだと思いますね。

 

ーいろえんぴつ事業所で働く山本さん

インタビュー1 日々仕事をしていて思うのは、ここで学ばなきゃいけないことはまだまだたくさんあるんだなということです。

例えば一口に「知的障害」を持った方と言っても、一緒にパンやクッキーを作る仕事をしながら接していると、個人個人の障害の特徴や、本人の性格も違うことが見えてきます。きっと、一人ひとりの持つ課題も千差万別なんだと思います。

 

ーいろえんぴつ大倉山駅前事業所で働く川島さん

インタビュー2 基本のスタンスとしては、みんなが日々楽しく、気持ちよく過ごせる空間を作るお手伝いができればなと思ってここでメンバーさんたちとの時間を過ごしてます。

メンバーさんたちの年齢も幅広いですけど、ほとんどが成人しています。当たり前のことだけれど、彼らのことを同じ一人の大人として見て、日々接していくことを大事にしています。

 

ーいろえんぴつ大倉山事業所で働く兼子さん

  CIMG0933前から福祉関係には興味があったんです。最初はカフェで働くのは忙しいかなと不安だったんですが、とても落ち着いた中で仕事できています。

きっかけは「経験や資格不要」という募集内容に惹かれて応募したことが始まりでした。最初は不安がありましたが、ここいろえんぴつのカフェという場所では落ち着いた中でメンバーと仕事が出来るので今はとてもありがたいなと感じています。人にもよるかもしれないですけど、どこかで子育ての経験が活きているなと感じます。自分の経験がこうして何かの形で役に立つ瞬間があるのが嬉しいですね。

ーCafé le Troncで働く久保さん

脇さん いつも思うのは、メンバーさん達も自分で働いて日々を生活しているという感覚を持って生きていってほしいということです。

そうした思いを実現するために、自分はどんな形で福祉に関われるのだろうかと考え、その結果がカフェを開くことでした。カフェという空間の中で、地域の人々とメンバーさんがお客さんと店員という形で接点を持ち、働くことで充実した日々になるよう少しでも貢献できるのではないかなと考えました。昨日も10人の団体でお客さんが来たんですが、メンバーさん達は大変だと言いながらも活き活きと働く様子が見られました。自分はこのような形で福祉に携わっていますが、きっとメンバーにも支援する側の人にも、各々の能力を発揮できる場所があると思います。今後もメンバーさんたちが楽しくやる気を発揮できる場所を追い続けられたらと思います。     ーCafé le Troncで働く脇さん

 

  CIMG0935もとはお客のひとりとしてここに来店したのが始まりでした。

他にも福祉施設で似たようなカフェにいろいろ通ったことはあるんですが、全体的な雰囲気からここで働きたいという思いが今に繋がっています。いろえんぴつのメンバーがお客さまと接している風景を見ると、少しずつ、地域に存在を知ってもらえているんだなと嬉しくなりますね。これからもたくさんのお客様に来ていただけたらなと思っています。

 

ーCafé le Troncで働く脇さん

 ある日の夕方、テレビで訪問看護の特集コーナーを観たのが大きな切っ掛けでした。

以前から病院を出た先、社会(地域)に戻った後本人たちはどうやって生活し、どうやって援助を受けていくのだろうと思っていました。病院というある意味社会から切り離された特殊な空間での支援では、どうしても出来ることに限界があると感じ、看護師という立場から福祉に関わりたいと思うようになりました。

今、別々に存在していた福祉と医療の世界が互いに交流を持ち、分けては考えられない時代になりました。そうした動きの中で、私自身も福祉と医療をつなぐパイプ役となれればと思って仕事についています。

ーいろえんぴつ事業所で働く看護師の桑原さん

 

 

 

DSC_0627美容エステティシャンとして働いていたのが始まりでした。

日本と違い、ヨーロッパでは美容はその人の心身の健康と深く繋がっている、という考えから、美容エステも医療・福祉の一側面を担っている。という認識が進んでいます。

そこで生まれたのが「ソシオエステ」という福祉分野に特化したエステなのですが、偶然この存在をTVで観かけた時に、自身もエステティシャンとして福祉に携わってみようと思うようになりました。実際にエステを通して利用者さんと関わっていると、言葉以外での方法によっても繫がりが成立するのだと実感する瞬間があります。身体にも触れずに同じ空間に居るだけという時もありますし、身体に触れあった時に全身がリラックスしていくのがわかる時があります。「触れる」という行為は奥深いもので、体や感情の変化を直に感じることができるのです。こうした体験を大事にして、利用者さんの心身をより良いものにしていきたいと思って活動してい

                                        ます。               ーエステティシャンとして福祉業界に携わる青木さん

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME