メニュー

いろえんぴつ

いろえんぴつに通う利用者さんを、ここでは「メンバー」と呼んでいます。職員も利用者も目標をもってともに働きましょう、そこには障害の有無は関係なく、個々にもつ特徴を活かせるように環境を整えて「同士」として育ちあう意味が込められています。

 

いろえんぴつは2000年に地域作業所として開所しました。その後、地域活動支援センターを名称を変え、現在の生活介護事業所となっています。主にアルミ缶つぶし、菊名地区センターや老人センター寿楽荘でのパン・クッキー、お菓子などの販売、味噌づくり、食品運搬など、体力や健康に留意しながら仕事をしています。主に知的障害、身体障害のある方が利用されています。

DSC_0343

 

生活介護事業の利用案内

日常生活上の介護(食事・排泄・入浴など)と創作活動や生産活動の場を提供します。サービス利用については障害者総合支援法に基づく障害認定を受けて頂く必要があります。利用年齢は18歳以上です。
※障害支援区分3以上(50歳以上は障害支援区分が2以上)

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME